朝日新聞で学ぶ株取引とエムフェイス投資

株を取引する全ての人に共通する願いは「利益を出したい」というものです。最初から損を狙って投資する人間はいませんので、各々が自分の持てる知識を駆使してさまざまな投資戦略を打ち出します。そこに先見の明があり、動きを的中させたものが大きな利幅を得ることとなりますが、その情報源として有効に活用できるものの中で最も一般的と言えるものが新聞です。代表的なものは朝日新聞や読売新聞などの全国紙ですが、朝日新聞に限らずどの新聞でも株価は掲載されていますしある程度の比較はできます。株価以外の経済状況を判断するのなら日本経済新聞が最適かもしれませんが、新聞によっても論調が異なるので数紙比較して読んでみるとおもしろいかもしれません。例えば、朝日新聞と産経新聞と読売新聞では同じ出来事についての報道の仕方がそれぞれ異なっていたり、経済の状況の今後の見通しについての見解も各紙バラバラで、正確なことが誰にも読めないことをある意味実感させてくれます。そのような中で、人が求める利益の出る投資先として最近注目されているのがエムフェイス投資です。エムフェイス投資とは、2011年に設立されたマレーシア初のSNSで、第二のFacebookを目指して運営されています。親会社は「MBI International」で、グループの総資本金は約1000億円です。カフェやコンビニ、通信事業など幅広い事業を展開していて、高い配当が魅力です。エムフェイス投資はその高い利幅から人気ですが、うまいだけの話は世の中にはないものです。高い利益には高いリスクがつきものですので、しっかりとした知識を持って的確な判断をし、流されることのない納得いく投資を行うように心がけたいですね。