株の購入は企業に対する融資と同じ

株を購入することは、自身のお金を資産運用をするだけではなく相手の会社に対して融資をするのに同義だと言えます。
そもそも、株式の購入をするとその会社に対して資金が流入するようになります。近年は、投資家の参戦も多くなりインターネットから気軽に取引に参加できるようになりましたが、元々株取引と言うのは企業の成長を見込んでその会社に投資をすることを意味します。お金を投資するということはその会社にお金を融資して、どのくらいのお金に返って戻ってくるのかを待つことに他なりません。つまり、企業に対する一定の金銭の融資に他なりません。
そのかわり、こうした企業に対する融資には様々なメリットが存在します。まずは、配当金という魅力的なお金を貰うことができます。上場企業で会社を経営しているところでは、株式一つ一つに対して株主それぞれに対して配当金というお金を配当しています。例えば、取引単価が100単位だったとすれば、100単位で3円の配当がもらえるというようにリターンをもらえることになります。このリターンは定期的に決められた配当金の取り決めによって決定されるため、たとえ株価が変動したとしても影響を受けることはありません。相場の変動にプラスしてこの配当金を受け取ることが出来るため、多くの株式を保有している人ほどより多くのお金を受け取ることが出来るのです。
そして、もう一つのメリットがその企業が提供している優待券を手に入れることが出来ることです。多くの企業は株主に対して特別な優待券を提供していません。航空会社ならば無料で航空チケットをプレゼントするなど、日常生活の中で有益に利用することができるサービスが提供されているのです。そのため、こうした企業に対する融資には多くのメリットが含まれているのです。